iPad Air2中古品が届いた?iPad本体とペンとペーパーライクフィルム

2021年5月17日iPad初心者,リユース・リサイクル

iPad Air2 128GB セルラーモデル じゃんぱら 中古品

じゃんぱらに注文していたiPad Air2 128GB セルラーモデルの中古品と、アマゾンに注文していたペンとペーパーライクフィルムが午前中に届いたので開封しセットアップをしたので紹介します。iPad Airは予想以上に美品でしたが?

目次

はじめに

アップル通販にiPad無印第8世代を24回分割払いで注文しようとしましたが、私が「無職・年金生活者」のせいかオリコのショッピングローンの審査で不合格になり購入できませんでした。

そこで、アップルイベントの直前でiPadに興味を持っている人が待ちに入っている時期に、中古iPadの掘り出し品を探して見つけたのでじゃんぱらに注文しました。

同時に、とりあえず必要なスタイラスペンとペーパーライクフィルム、カバーをアマゾンに注文しました。

本日(2021年4月23日)午前中にiPad本体とスタイラスペン、ペーパーライクフィルムが届いたので、開封とセットアップを紹介します。

★ このブログ記事はChromebookで執筆するつもりでしたが、写真をiPod touchで撮影した関係で.heic画像がChromebookではプレビューできないので、プレビューできるiPadで執筆しました。

iPadからは.heicをWordPressにアップロードできたので、おそらくEWWW Image Optimizerプラグインが自動的に.jpegに変換してくれたものと思われます。

iPad Air2 128GB セルラーモデル中古品を開封する

中古品で安かったので程度は期待していませんでしたが、予想に反して美品でした。掘り出し物です。

バッテリーは35%程度残っていたので、とりあえず起動してiPod touch経由でiCloudと同期してセットアップしました。同時にiPadOS 14.4.2へのアップデートも行いました。セットアップが完了するまでに約30分かかりました。

iPod touch画面からiPadの設定を開始します。「続ける」をクリックして画面の指示に従ってセットアップを行います。

スタイラスペンとペーパーライクフィルム

スタイラスペンはバッテリー残量がまだ残っていたのですぐに使えました。

ペン先の反対側をノックするように軽くタッチするとペン操作ができます。Bluetoothをオフにした状態でも使えるので方式は不明ですが・・・ iPad以外のタッチデバイスですべて使えるので、単に静電誘導方式で先が細く硬いペン先を電気的に人間の指と同様に静電誘導を起こす方式だと思います。

iPadの長辺側サイドにマグネットで吸着するので便利です。

ペーパーライクフィルムは取扱説明書の手順に従って貼れば簡単に綺麗に貼れました。

貼る前はペン操作をするとコツコツとガラスの音がしていましたが、ペーパーライクフィルムを貼った後は音が鈍くなり、ペン先を滑らせると紙の上を擦るような音に変わり摩擦を感じるようになりました。

iPadによるWordPressの編集感覚

ChromebookなどのデスクトップPCとはかなり使い勝手が異なりますが、ペン操作と指の操作を組み合わせれば、慣れればそれほどストレスを感じることなく執筆や編集が可能です。

WordPressの中だけなら問題ありませんが、例えば私の場合は、画像をいじるのにPixlr Eというオンライン画像編集ツールを使うので、そちらはかなり使い勝手が悪く編集結果の保存ができませんでした。 保存後に表示される全画面画像上で長押しするとポップアップするメニューからカメラロールに保存ができました。

適当なiPadの画像編集アプリをいくつか試す必要がありそうです。私はアドビのフォトプランに入っているので、とりあえずはPhotoshopとLightroomのアプリを使うことになりそうです。

★ Chromeアプリから初心者向け仮想Windows[Paperspace]に繋いでデスクトップ版Photoshop CCが使えました。複雑な作業や3D機能などを使う場合は便利です。

ブログ記事をアップした後の作業(ソーシャルブックマークやSNSへのサマリーと画像の投稿など)はChromebookで行います。

まとめ

iPadのバッテリー消費量が大きく、この記事を書く間に100%から40%にまで残量が低下しました。2014年発売のモデルなので、外観は美品でもバッテリーはかなりヘタっているのかもしれません。 勘違いでした。60%から40%に残量が低下した程度なので問題なく使えています。

私の場合はほとんど持ち歩かず自宅内で使うので問題ありませんが、外出時に使うことが多い人は注意が必要だと思います。

今後は、ペン操作と手書き作業をメインに使うので、ノートアプリやGoogleアプリによるAndroidスマホやChromebookとの連携を当面は試したいです。

ではでは、きらやん

(Visited 99 times, 1 visits today)